読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンヘラゴリラのにっき

ポセマニュ子の承認欲求を満たすためのブログ

リボベジプランターの行く末

節約と称して、ネギの根元、レモンの種、ニンジンのヘタなどを適当にベランダの空きプランターに押し込んだのがおよそ1年半前。

 

そういうのをリボベジというらしい。(風評被害

 

 

我が家のベランダは南東の角に面していて、エアコンの室外機が轟轟音を立てている。

恐ろしく乾燥しやすいのだ。

 

園芸委員だった妹が、過去にベランダでも野菜を育ててみたいと挑戦した。

残念なことにトマトも茄子も耐えられなかったようで、プランターは墓場と化していた。

全くど素人の私は、墓場に結構な量の肥料をばらまき、遺物とともに適当に土を混ぜこぜした。

 

最初のうちは気まぐれに水をやったり、育ったら収穫したりと楽しんでいた。

我が家にはモルモットと称したうんこ製造機がいる。

こいつが案外食にうるさく、乾燥牧草では物足りないらしく、生意気にも生野菜を欲しがってブイブイと鳴く、それはもう野菜室を開けるたびにだ。

そういうわけで一時期ニンジンの葉はうんこの原料になっていた。

 

私は酷く飽きっぽい。

今ではもう、ネギは伸び放題、ニンジンは枯れ果てた。

枇杷の種は未来を憂えて、発芽しなかった。

レモンは棘をびっしりと生やしてクリーチャーにでもなるつもりらしい。

 

豚のようなうんこ製造機は相変わらず、冷蔵庫の野菜室を開けるたびに

条件反射でぶいぶいと嘶く。この1年半で随分と大きくなったものだ。